Kondrashov のすべての投稿

りんごもぎは懐かしい思い出です。

昔母の実家がリンゴ農園をしていて用水路の手前に数本のリンゴの木がその名残としてあります。
体の弱い妹がおり寒くなると母の実家に預けられたためそのリンゴの木になるりんごが私のおやつでした。
硬くて甘いりんごでしたが幼い私はスイカとリンゴに飽きてしまいあまり好きではありませんでした。
しかし、最近職場の検診で血糖値が高くなり要治療となったため食生活を見直すことになりました。好きだったアイスクリームをやめジュースをやめ白米もやめた私はどうしても甘いものが食べたくて仕方なかったのですが糖尿病の食事を見てリンゴは食べてよいとされ、健康維持には1日1個なら食べられることを知りました。
あれほどリンゴを好きではなかった私ですが、食してみると甘くて腹持ちがいいのにびっくりしました。
赤いリンゴがなんとなくトラウマで黄色のリンゴを食してみましたが、硬くてみずみずしい甘いリンゴでしなのゴールドという品種でした。
それから毎日朝に1個食べるようになりました。赤いリンゴも含めて有難くいただいています。なぜ赤いリンゴを毛嫌いしていたのか今はわかりません。
きっと、母と離れて暮らす寂しい気持ちがリンゴに重なったのだと思います。
決して嫌な思い出はないのですが、まだ幼かった私は母の温もりが恋しかったのでしょう。おじいさんやおばあさんや叔父叔母いとこはよく面倒をみてくれて悲しいことやつらいことはなかったはずなのにあのリンゴの木に登り一人で母を待つ気持ちはたとえようがありません。
用水路のてまえにある木です。
よく登りましたし木になるあかい果実にもお世話になりました。
寒くなるころに実をつけるのです。
春には白い可憐な花が咲いていました。
今は田んぼになっており梨の木が1本あるだけです。
小学生のころ伐採したようです。
木のあった場所には赤しそが植えられお店に出しているそうです。
母の実家にあったリンゴの木に実リンゴはおやつの時間になると「とってこい」の一言でいとこともぎにいきました。
懐かしい思い出です。
青森りんご 通販