良い睡眠が閃きを産む

ずっと堂々巡りの問題で悩んでいる時
ふと朝 目覚めるとよい解決策が思い浮かんだことはないですか?
それは眠っている間に脳がいろいろと考えているからかもしれません。
まるで夢の中でもう一人の自分が問題解決の策を寝ているような感じです。

では夢を見ている脳の中ではいったいなにがおこっているんおでしょうか?
府私たちは昼間覚醒している時に、その時々で目の前で起こっていること以外にのことに注意がいかないようになっていると言われています。
それは人間というか生物としての生存本能のせいかもしれません。
そ8うしないと生きんこれなかったのです。
24時間365日
いつ外敵に襲われてしまうかわからなかった状況では、まず生き延びること
それが最優先事項ですからね。
だからこそ脳は今まさに必要な情報を最優先して脳内ネットワークを選んでいます。
他の不要な情報は意識の中に登らないようになっているのです。

ところが眠って夢を見ている状態の睡眠(レム睡眠)ではこの抑制が外れ、目覚めている時にはつながらなかった脳内ネットワークが起こっています。
昼間の目覚めている時には決してつながらなかった情報や記憶がつながり合うのです。
この眠ってレム睡眠の間の記憶や情報のつながりが斬新なアイデアやひらめきをもたらしているとい考えられています。

言い換えれば天災の閃きは眠ている夢の中で作られているといっても過言ではありません。

天才と凡人は同じ人間ですし、その差は常に紙一重なんです。
常識にとらわれない発想は記憶や情報を脳がどうつなぎ合わせるかで決まります。
だからこそ睡眠にはこだわっていたいものです。

天才は眠っている間に作られている
そう考えれば、より良い睡眠の質を上げることにお金をかけても惜しくはありません。

問題は、朝起きた閃きはすぐに忘れてしまうことも多いので要注意です。
出来るビジネスマンは枕元にメモ用紙を置いて眠る方が少なくないのもうなづけます。
腰痛 マットレス 治った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です