妊娠したいなら月経の周期や月経血の量などにも関心をもって

ご存知の通り妊娠と月経(生理)は非常に大きな関係があります。
月経こそ女性が身体に端子を作っている証拠でもありあmす。
ですので月経(生理)がなくなり閉経してしまうと妊娠はできません。

この閉経はなにも年齢だけが原因ではありません。若い年齢でも何ら顔原因で月経が止まってしまうこともあるのです。

月経は女性の身体のさまざまなSOSをだしているものなので、まいつきの月経の状態を一度確認してみましょう位。

月経の周期
まずは月経の周期でwすが。周期が20日以内と短すぎる場合
逆に40日以上と長い場合
ホルモンの分泌異常や無排卵月経のほか
脳下垂体の機能や黄体機能になんらかに異常があるケースも考えられます。

常に基礎体温を計る習慣をつけ、自分の月経周期を確認してみましょう。

ひどい生理痛(月経痛)の方は要注意

生理痛(月経痛)は誰にでもよくあることなのですが、これも程度の問題です。
動けないほどのひどい成立の場合は一度婦人科などへの受診もおすすめします。
不妊症の大きな原因のひとつに子宮内膜症や子宮筋腫があります。
これらの病気の特徴にひどい生理痛もあるのです。
特に35歳くらいを越えてからひどい生理痛に悩まされているなら要注意なので早めに婦人科を受診しましょう。

月経の量が少ない、すぐにい終わる?

月経の血量が少なかったり、生理が1日で終わってしまうような場合は、
子宮の発育不全やホルモンの分泌の異常
無為排卵月経
の可能性があります。

逆に
月経の血量が多かったり、生理が長引くような場合は、
子宮筋腫
無排卵
が原因のこともあります。

また生理でもないのに不正出血が続く場合は
ホルモンバランス委が崩れていた理
クラミジア性感染症も考えられます。

どうしても婦人科への受診は抵抗があるものですが、子供を授かりたい女性ならまつ一度は受診してみることをおすすめします。
順調な月経こそが妊娠の第一歩なのです。
そのために早めに何かの原因を探り、治療を始めなければなりません。
妊活 よもぎ蒸し 効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です