ボケと老化は違いますい!老人のボケとは?

歳をとってくれば誰でも多の「物忘れ」をしたり、頭の回転が遅くなるのは仕方ありません。
ただ「最近 親父 ボケたんじゃないか?」なんて簡単い言って欲しくはありません。
老人の「ボケ」とはもっと顕著な病的な変化を指します。

単なる「物忘れ」のような老化に伴う自然現象とは明らかン異なるのです。
ですいから、歳をとればだれでもボケるというわけではないのです。

ボケの下人として大きく2つあります。
ひとつは脳梗塞や脳血栓などの脳の血管障害や脳の神経細胞が萎縮してしまう脳の変化(アルツハイマー型痴呆)があります。
二つめは、身体の衰えや精神的な不安定感、生活環境の大きな変化など複雑な要因が絡み合って起こる一時的な病的な状態を引き起こすものです。
とくにこ二つ目については
・お年寄りを孤立させない
・急激な生活環境の変化に注意する
など家族や周囲の人がお年寄りのことを理解し、温かい人間関係を築くことでかなり防ぐこともできます。

それでも高齢の親のボケが始まったことを実感する時が来るかもしれません。
夕食が終わったのに鵜「まだ晩御飯を食べていない」とか言い出したり
自分でどこかに置き忘れた財布を「家族の誰かが盗んだ」:と言い出したり
かなりお諸キングなことも起こります。

ボケの始まったお年寄りの心は非常に大きな不安を抱えています。
ですので、介護する家族は、
決してr感情的にはならずに
お年寄りの言葉をよく聞き
相手の目を見てゆっくりと話しかけるkとが大事です。
たとえ相手が魔t理がったことを言っていると分かっていても
頭ごなしに否定せず、
時間をかけて話すことを心がけましょう。

またそんなボケの症状が出たことを他人に相談することは恥ずかしいだなんて思わないでください。
ケアマネージャーや専門医などにう相談してみることに気後れしないでください。
ボケは病気なのです。
介護する家族だけで抱え込む問題ではないのです。
ボケには家族と周囲の人たちとの理解と協力が必須なのです。
そうでもしないと介護している人の負担が大きくなりすぎるだけです。
認知症 GPS キーホルダー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です