月別アーカイブ: 2021年8月

妊娠したいなら月経の周期や月経血の量などにも関心をもって

ご存知の通り妊娠と月経(生理)は非常に大きな関係があります。
月経こそ女性が身体に端子を作っている証拠でもありあmす。
ですので月経(生理)がなくなり閉経してしまうと妊娠はできません。

この閉経はなにも年齢だけが原因ではありません。若い年齢でも何ら顔原因で月経が止まってしまうこともあるのです。

月経は女性の身体のさまざまなSOSをだしているものなので、まいつきの月経の状態を一度確認してみましょう位。

月経の周期
まずは月経の周期でwすが。周期が20日以内と短すぎる場合
逆に40日以上と長い場合
ホルモンの分泌異常や無排卵月経のほか
脳下垂体の機能や黄体機能になんらかに異常があるケースも考えられます。

常に基礎体温を計る習慣をつけ、自分の月経周期を確認してみましょう。

ひどい生理痛(月経痛)の方は要注意

生理痛(月経痛)は誰にでもよくあることなのですが、これも程度の問題です。
動けないほどのひどい成立の場合は一度婦人科などへの受診もおすすめします。
不妊症の大きな原因のひとつに子宮内膜症や子宮筋腫があります。
これらの病気の特徴にひどい生理痛もあるのです。
特に35歳くらいを越えてからひどい生理痛に悩まされているなら要注意なので早めに婦人科を受診しましょう。

月経の量が少ない、すぐにい終わる?

月経の血量が少なかったり、生理が1日で終わってしまうような場合は、
子宮の発育不全やホルモンの分泌の異常
無為排卵月経
の可能性があります。

逆に
月経の血量が多かったり、生理が長引くような場合は、
子宮筋腫
無排卵
が原因のこともあります。

また生理でもないのに不正出血が続く場合は
ホルモンバランス委が崩れていた理
クラミジア性感染症も考えられます。

どうしても婦人科への受診は抵抗があるものですが、子供を授かりたい女性ならまつ一度は受診してみることをおすすめします。
順調な月経こそが妊娠の第一歩なのです。
そのために早めに何かの原因を探り、治療を始めなければなりません。
よもぎ蒸し 妊活 自宅

今は肉食系女子がモテる時代!ハイリスク・ハイリターンを目指せ

女性は、自分の子供というハイリターンを求めるために、より生命力のある優秀な遺伝子を求める本能があります。
それを手に入れるためには相当な競争もいしなければならないのです。
そのためにする男性にはとても理解できない美への探求心もそのひとつでしょう。

優秀な遺伝子
つまり素敵な男性をゲットするためには突撃しかありません。
あなたが絶世の美女であるなら話は別ですが、そんな女性はほんのひと握りです。
でうsから「虎穴に入らずんば虎児を得ず」の精神で行かなkky手はいけません。
まして今は草食系男子が激増している時代でもあります。
白馬に乗った王子様なんて現れないのです。
ですから、実は現代の恋愛事情においては男性より所p制の方が戦いに臨まなくてはいけないのです。
ひょっとしたら恋敵の女性負けることもあるでしょう。
変な男に引っかかって騙されることもあるでしょう。
しかし、それでも突撃あるのみです。

男性は本能的に少しでも多くの女性に精子をばらまきたいのが本能ですからエネルギーの大きい男性に女性が集中するのは仕方ありません。
なぜならその男性が多くの女性に襲いかかっているわけではなく、多くの女性が「WELCOME」とその男性を受け入れていることも少なくないのです。

今の女性は肉食系徐s時の方が圧倒的に持てます。
そしtれそんな女性ほど
「このメスだけは絶対に手放せない」
と男性に思わせるような魅力をなにかひとつでも持っているものです。

あなたはそんな肉食系女子にはなりたくないですか?
いつか現れる白馬に乗った王子を待ち続けますか?

あるいは
理想をレベルをかなり下げてそんぼへんの適当な男で我慢しますか?

欧米では
「ダメ男の妻よりも、いい男の愛人に慣れ」
という言葉もあるくらいです。
いい男と付き合うことで、あなたもいい女に慣れるのです。
ですから競争を恐れてはいけません。
いい男をゲットするためには競争は必須なのです。
たくさんの女性から言い寄られている男性は間違いなくいい男なんですからね
チャットレディ 容姿

ボケと老化は違いますい!老人のボケとは?

歳をとってくれば誰でも多の「物忘れ」をしたり、頭の回転が遅くなるのは仕方ありません。
ただ「最近 親父 ボケたんじゃないか?」なんて簡単い言って欲しくはありません。
老人の「ボケ」とはもっと顕著な病的な変化を指します。

単なる「物忘れ」のような老化に伴う自然現象とは明らかン異なるのです。
ですいから、歳をとればだれでもボケるというわけではないのです。

ボケの下人として大きく2つあります。
ひとつは脳梗塞や脳血栓などの脳の血管障害や脳の神経細胞が萎縮してしまう脳の変化(アルツハイマー型痴呆)があります。
二つめは、身体の衰えや精神的な不安定感、生活環境の大きな変化など複雑な要因が絡み合って起こる一時的な病的な状態を引き起こすものです。
とくにこ二つ目については
・お年寄りを孤立させない
・急激な生活環境の変化に注意する
など家族や周囲の人がお年寄りのことを理解し、温かい人間関係を築くことでかなり防ぐこともできます。

それでも高齢の親のボケが始まったことを実感する時が来るかもしれません。
夕食が終わったのに鵜「まだ晩御飯を食べていない」とか言い出したり
自分でどこかに置き忘れた財布を「家族の誰かが盗んだ」:と言い出したり
かなりお諸キングなことも起こります。

ボケの始まったお年寄りの心は非常に大きな不安を抱えています。
ですので、介護する家族は、
決してr感情的にはならずに
お年寄りの言葉をよく聞き
相手の目を見てゆっくりと話しかけるkとが大事です。
たとえ相手が魔t理がったことを言っていると分かっていても
頭ごなしに否定せず、
時間をかけて話すことを心がけましょう。

またそんなボケの症状が出たことを他人に相談することは恥ずかしいだなんて思わないでください。
ケアマネージャーや専門医などにう相談してみることに気後れしないでください。
ボケは病気なのです。
介護する家族だけで抱え込む問題ではないのです。
ボケには家族と周囲の人たちとの理解と協力が必須なのです。
そうでもしないと介護している人の負担が大きくなりすぎるだけです。
認知症 GPS キーホルダー