美人が使う鏡はいつもピカピカで美しい理由

他人から自分がどう見られていくるのか?
それは鏡を通して自分を見てみることし確認できません。
ですからか鍵を見ないで自分の外見を磨くということは空を見ないでこれからの天気を当てるのと同じよういなものなんです。

まずは自分の家のか鍵をピッカピカに磨くことから始めましょう。
洗面所やドレッサー 手鏡など小さな鏡も同様にピッカピカに磨いておきましょう。
そしてその鏡が移動できる物ならばできるだけ自然光が差し込む場所に置いておきます。
そして家の中では自意識過剰と思えるくらいにことあるごとに鏡に自分を移して見つめ直すのです。
ふとした時に、自分がどんな表情をしているのか?
鏡を家の中にたくさん置いておけば一瞬それが「自分」であることを忘れてしまうこともあります。
それが他人から見たあなたなんです。

いつも鏡に映してみる自分は、たとえ笑顔だとしても所詮作り笑顔なんですね。
朝一番、鏡に自分を移して
「よし!これでいい」
そう思ってもいつもワンパターンの表情でしかないのです。
ですから、あまりう新しい発見なんてできません。
しかし、同じ笑顔でもたくさんの表情があります。
さまざまな表情をうまく表せる人はみんなチャーミングな人たちばかりです。
っまるでsが伸のように静止して表情で自分の顔を見るのではなくいろいろと顔を売画化してい理入りな表情を溜め費sてみてください。

洗面所などの鏡を磨くついでにぜひ洗面台のまわりの汚れもチェックして綺麗にしておくようにしましょう。
髪の毛は落ちていませんか?
面倒くさいからといって化粧品や歯ブラシやヘア用品が散乱していませんか?
できれば綺麗に片づけていつもきれいな鏡と整理整頓された洗面所にしておくことはとても大事なのです。
そうすれば
花を飾りたくなったり
きれいでおしゃれなフェイスタオルもかけておきたくいなるものです。
そんな心の余裕があなたを美人にするのです。

美人の使う鏡は美しい
これ、意外と真実なんです。

ノアンデ すそわきが

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です