難聴は難腸!耳とお腹が密接に関係しているというお話

実は難聴の原因ってあまりわからないことが多いのです。
原因がわからないからこそその治療がム図yかしいのです。

例えば60歳代で耳が遠くなる人もいれば
80歳代でもよく聴こえている被tもいあmす。
40代から老眼が始まるかt5アもいれば
70歳を過ぎても老眼鏡なしで新聞が読める方もいます。
なにが言いたいのかというと、難聴は必ずしも加齢のせいではなく生活習慣や身体のメンテナンスにも大きく関係しているんじゃないか?ということなんです。

中でも注目して欲しいのが「お腹と耳の関係」です、¥。
耳鳴りや難聴を訴える方の多くがお腹に問題の抱えている方が多いのです。

いう一度お腹を触ってみていただけますか?
おへその下あたりから
固い?
冷たい?
という方は要注意です。
腹膜が固くなると内側の臓器に悪影響が出てきあmす。
冷たいということは血流が悪い証拠ですから、酸素や栄養分が臓器にうまく送られていない可能性もあります。・
それが耳鳴りちゆあ難聴の原因となることもあるのです。

睡眠不足
運動不足
過度の飲酒
それらが生活習慣を乱れさせていること肉付き、生活h数間を改め
適度な運動
正しく十分な睡眠
節酒
それだけで耳の聞こえが改善されることもよくあるのです。

よく「難聴」は「難腸」が原因ともいわれています。
お腹の健康は耳にも影響してくるのです。
耳のトラブルは腎経に関する臓器に問題があり、普段の生活の中での無理や不摂生によっておこる症状でもあります。
耳のトラブルを抱えている人は、耳を直接疑うだけでなく生活習慣も見直してみてください。

特に酸素不足にも着目してみてください。
適度な運動をして、しっかりと体内に酸素を取り込める力を衰えさせてはいけません。
酸素不足は自律神経をも乱れさせ、
また自律神経が乱れると酸素不足を引き起こす
そんな悪循環に陥ります。
その悪のスパイラルを根本的に解決するのも胃腸や腎臓なんです。
自律神経失調と酸素不足を改善するために、日頃からお腹の健康にも若かk離ケアすることも大事なのです。

補聴器 プレゼント おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です